プロテインダイエットの方法と効果 > プロテインの飲み方

プロテインの飲み方

日本人が一度に体内で処理できるたんぱく質の量は35g程とされている。

これ以上の大量なたんぱく質の摂取は体内で消化しきれずに腸の中で腐敗を起こしてしまう可能性があるので過剰摂取には注意する必要がある。

近頃では欧米人の体格に日本人の体型が近づきつつあるので、昔よりは日本人のたんぱく質処理能力は上がっているのかもしれない。

しかし、一度に過剰摂取することは良くないし、避ける様にした方が良いだろう。

また、プロテインダイエットとは食事の代わりにプロテインを飲むダイエット方法だが、このような飲み方によって、体に必要な栄養を摂取しつつ、より効率的にエネルギーを抑えられる。

しかし、プロテインは運動のエネルギー源とは言いにくい。

そのため、食事の代わりにプロテインを摂取し、その後にエクササイズなどの激しい運動をする生活パターンがあるのであれば、運動をする時に必要である炭水化物を体の中に予め確保することは難しいかもしれない。

例外的に脱アミノ化という過程を経た場合のみ、プロテインを炭水化物に変化させることによって運動エネルギーが確保される場合があるが、これはまれである。

そのため、食事の代わりにプロテインを摂取し、その後極端に激しい運動を長期間するのであれば肝臓や腎臓に負担をかける可能性が高い。ここにも注意が必要である。

最新の栄養学によると、炭水化物とたんぱく質を同時に摂ればよりよい効果が生まれ、ダイエットの効率も上がると言われている。そのため、最近のプロテインダイエット食品の中にはかなりの割合の炭水化物をプロテインと混ぜたものも増えているようである。
プロテインダイエットを食事の代わりに飲むのであれば炭水化物や他の栄養素なども含まれている商品を選ぶのもよいだろう。